Ecotech Marine Radion のコントロール ReefLink

こんばんは、リンタロウです。
AIのHYDRAが発売されて間もない時期ですが
Ecotech MarineのLEDの方Radionを ReefLinkを使ってコントロールしてみましたので
動画撮影しました。

お店のRadionG3とG2を同時にiPhoneを使用してコントロールしている動画


今までのPCソフトウェアからLEDの設定をするのと違って
現在では全てのモデルで、行う設定がEcoSmartLiveというブラウザから設定する方法にシフトしています。
このへんがよくわからない方も多いのでは無いかと思います。

基本的にRadionのみの場合では細やかな設定が出来ません。本体のスイッチでできることは
予めプリセットされた色温度のパターンと、その強さくらいです。

タイマーの設定や個別の光の色合いや強さなどの設定をするにはUSBケーブルで本体とPCを繋いで
ブラウザからEcoSmartLiveのアドレスへと移動し、そこの画面から本体の設定を行います。
通常は付属のDVDやCDから制御用のソフトウェアをインストールするじゃないですか?
その必要が無いということです。
接続の際には EcoSmartコネクションマネージャーをインストールすると、本体が接続されているか確認できることと
そこからEcoSmartLiveサイトへと飛ぶ事もできます。

そして次にReefLinkです。このReefLinkという箱をつけて接続設定することによって
何が出来るかというと、まず本体とPCをUSB接続する必要がなくなります。
ReefLinkが無線で全てのRadion本体とつながります。
Radionへの命令はReefLinkが無線で行いますので、携帯からの操作も可能になります。

iPhone、iPad、Android 端末からEcoSmartLiveアプリをインストールしてログインすると各端末から操作が可能です。
できること出来ないことなどありますが、詳しくは省きます。

素晴らしい点は、ReefLinkの考え方です。 専用の接続用のセットアッププログラムをインストールしてそれからまず最初の初期設定をしますが、初期設定がすんなりと行きさえすれば、本来必要な難しいネットワーク設定をする必要が無いように作られており、自宅のネットワークからでも、外出先からでも自宅のEcotechMarine機器が操作出来るようになる点です。
まず外出先から今のところ操作する必要性がみあたりませんが、現状EcotechMarineが出している製品とその内容を見て僕が感じたのは今後も非常に楽しみであるということですね。
今後の展開のための第一歩といった印象で、この先に出す製品群もおそらく全てコントロール出来るようにするつもりだと思います。アクアリウムコンピューター的に進化していくと思いますね。

しかもそれをなるべく簡単な方法でアクセスし使っていけるようにです。なのでたぶん名前がスマートなんでしょう。

長くなりましたが、そんな感じです。 ご購入をご検討中の方はご相談下さい。
最後に自宅でRadionG3をiPadを使用してコントロールしてみた動画の2つです。
内容はほとんど変わりません。


僕のiPadの壁紙に対するご質問は一切受け付けません(笑)

2014.07.19 | トラックバック(0) | リンタロウ

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

海水魚ショップナチュラル

Author:海水魚ショップナチュラル
海水魚とサンゴの専門店ナチュラルです。
最新の入荷情報やセール情報、
日々の雑記などをご紹介します。

〒170-0002
東京都豊島区巣鴨4-28-15
tel:03-5394-2288
fax:同上

営業時間(火曜定休)
月~金 14:00~21:00
土   13:00~21:00
日・祝 13:00~20:00

最新コメント

検索フォーム

QRコード

QR