ゼンスイ 新商品紹介 NYOS QUANTUM

こんばんは、リンタロウです。

今日はゼンスイさんからの新商品の紹介です。

プロテインスキマーが発売になります。
NYOS QUANTUM

ニオスというブランドの クォンタムといいます。

最近のスキマーでは比較的珍しい感じのクリアパーツを多く使ったスタイリッシュなスキマーですね。
サイズが3種類ラインナップされています。

全体的にクリアパーツと曲線を使ったデザインでシンプルに かっこ良い見た目です。
お取り寄せ商品として取り扱い致します。

しかし一台は店でも試しに使ってみようかと展示用を1台入れました。
20160224_01.jpg


使う前にクセでバラバラにしてしまいました。

20160224_02.jpg

よく分かりました。
ホトンドのパーツを金型から作っている感じですね。特に曲線が多いので手作りではこういった加工は無理でしょう。
ばらつきが出てしまいますし、大変すぎてもし手作りだったらとても売れる金額にはならないかと思います。

ゼンスイの営業の方から聞いたのですが、この透明部分のパーツの素材はアクリルではなく
ポリカーボネートが使用されているそうです。 豪華ですねぇ。

使われているポンプは EDEN社というところのポンプでエーハイムの一部の製品の製造元でもあるそうで
たぶんエーハイムの新しいラインのポンプでしょうね。コンパクトシリーズあたりだろうなと思っています。
マメ情報ですが、EDENポンプは リボルバースキマーにも使用されているポンプですね。

こんな感じでインペラーは紫です。カバーが少し透けて見えるのでこの辺もこだわったんでしょうね。
色が透けて見えてかっこ良いです。
20160224_05.jpg

一番下のベースプレートにはゴム足が付けられています。
最近のスキマーではゴム足を防音のために付けられているものも結構ありますが
比較的高さのあるゴムが使用されていました。消音性高そうです。
20160224_04.jpg

ゴム足が付いているところまではよく有りますが、これはポンプ本体の下にも
スポンジが付けられていました。
20160224_03.jpg
だいぶ静かになるでしょうね。
使われているポンプはACポンプになりますが、 DCポンプまでとは言わないまでもだいぶ静かなんじゃないでしょうかねぇ?
まだ使ってないのでわかりませんが。
足が長いのはQUANTUMの排水形状も考慮しているのでしょう。排水バルブを上に配置して
ネジを締めたりゆるめたりした際の長さの変化を利用して排水口の大きさを変えるタイプで
スキムズが使用しているタイプとほぼ同じような構造ですが
このQUANTUMは排水を真下に流す構造になっているので、隙間が狭いと排水抵抗になって水位が上に上がりがちになるためだと思います。

パーツを止めるためのビスには チタン製のビスが使われています。
チタンなら錆びる心配なさそうです。
20160224_07.jpg

バブルプレートにも一工夫されています。
パンチングの他に 横にスリットが明けられていてスパイラルになるように設計されていますね。
その周りの板もドーム状をしており、ロスを少なく上へとトルネードした泡が向かうように作られています。
20160224_06.jpg

このようなドーム形状はカップの蓋部分にも使用されています。

20160224_09.jpg
蓋には通常送り込まれた空気が逃げるように穴が空けられていますが
Quantumの蓋にはスリットが二箇所掘られています。 良いデザインですね。
20160224_10.jpg

通常ココからしか空気が逃げませんので、どうしてもカップまで持ち上がった泡は空気の逃げ道の穴に引っ張られ安いんですよね。
穴にうんkカスがいっぱい詰まっちゃったりしますよね?
スリットにすることで詰まりにくくなってますし、カップ蓋の下のドームによって
スリットの方に泡が行きづらくなっていると思います。
機能性とデザイン性を兼ねていていい感じです。

20160224_11.jpg

蓋をして横から見るとこんな感じです。


最後にサイレンサー部分です。
20160224_08.jpg
オゾンなどを使用する用に接続口が1つ多いです。キャップされています。
吸い込み量などの調節のためネジで吸気口の隙間を調節するよういなっており、これもスキムズの方法と同じですね。
ただこのサイレンサー部分が分解できない感じでした。接着されてしまっているので
ホコリとかで汚れてきたら吸気口を詰まらせて泡が上がりづらくなので掃除してほしいですが
少し洗いづらくなるなぁという感じですかね? めったにやらないので別にいいっていえばいいんですけど
水につけて、吸気口のパイプから水入れて振ったりして掃除するしかないです。

最後に少しネガティブな部分になってしまいましたが、いやいや
全体的にスタイリシュだし機能面でも考えられていていいと思いますね。

今度はお店のどこかの水槽で使用してみたいと思います。
quantum120.jpg

quantum160.jpg

quantum220.jpg

通販ページにアップしてありますので、画像クリックで飛びます。
よろしくお願いいたします。




2016.02.24 | トラックバック(0) | リンタロウ

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

海水魚ショップナチュラル

Author:海水魚ショップナチュラル
海水魚とサンゴの専門店ナチュラルです。
最新の入荷情報やセール情報、
日々の雑記などをご紹介します。

〒170-0002
東京都豊島区巣鴨4-28-15
tel:03-5394-2288
fax:同上

営業時間(火曜定休)
月~金 14:00~21:00
土   13:00~21:00
日・祝 13:00~20:00

最新コメント

検索フォーム

QRコード

QR