水中LED紹介

こんばんは、リンタロウです。

今日はZENSUIさんの水中式のLEDを紹介します。

水中蛍光灯ってあったと思いますが(今でもあるか) それのLEDバージョンといった所です。
水中式のものというと、どうしても活魚水槽とかで居酒屋さんとかの生簀で使われてるイメージが強いですね。

そういった活魚業界もきっとLEDになっていくんでしょうね。
あとはアロワナ水槽とか、淡水魚関係の水槽でも使われているイメージですね。

ZENSUIさんは活魚系で使用するようなアイテムの取扱もあるので、水中LEDもそういったニーズにも合うんでしょう。
といっても海水魚飼育ユーザーさんにも使い所が合えば大変便利な商品だと思います。

それじゃまずはどんなものか画像を御覧ください。

20161007-01.jpg

外側はガラス管です。傷がつきにくくなっています。

20161007-02.jpg

今回は海水でも結構使い勝手がよさそうなディープブルーの画像載せましたが、カラーは何種類かあります。

水中にキスゴムのホルダーでガラス面に固定出来ます。
お店のLPSやソフトコーラルをストックしている背の浅い水槽に設置してみました。
お店の水槽って結構何段のもなってるじゃないですか? そうすると上がつかえてるので照明の設置スペースが
極端に少ないんですよ。高さがないので困ることも多いです。
現在は普通の蛍光灯を使用していますが、2本しか使ってないですし暗いんですよね。

その水槽がこれです。

20161007-03.jpg

ここに手前にこのアンダーウォーターLEDスリムをセットしてみたのがこちらです。

20161007-04.jpg
おお、結構いいです。シャキッとしました。実際肉眼で見ると付けているのと付けていないのではかなり違って
付けたほうがだいぶいい感じです。

しかも前に発売していた水中LEDよりもさらに スリムになったので前面に設置したというのに
水槽にある上下のプラスチックの帯にかくれて、いい感じに見えません。
見えないので展示しているのにいいのか悪いのかゼンスイさんからしたらわからないかもしれませんが
でも細くて設置スペースを取らないというのは良いことですね。

サンゴ飼育にこれをメインにというわけには行かないでしょうが、取り付けたらポイント的に見え方がだいぶかわっていいですね。
使い道が合えば、他に似たような物が少ないと思うので良品ですね。

あとは例えばリフジウムとかですかね?
濾過槽内で海藻を育てたいとかの場合はホワイト系をつかったりすれば全然使えるでしょうし
水中式なんで故障の原因も無いでしょう。
他のやつだとメンテナンス時にポロッとおっことして壊したり結構しやすいですしね。

サイズも結構沢山あるので、希望の用途にあったものを選びやすいと思います。

お店もまだこの上の段の水槽も有るのでそっちにも付けたいと思いました。

まとめて見れるページのリンクを貼っておきます。
よろしくお願いします。

ゼンスイ アンダーウォーターLEDスリム

種類多すぎるので在庫持てません。すみません。
取寄せ品になりますが、一週間程度で取寄せ出来ます。
よろしくお願いします。


2016.10.07 | トラックバック(0) | リンタロウ

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

海水魚ショップナチュラル

Author:海水魚ショップナチュラル
海水魚とサンゴの専門店ナチュラルです。
最新の入荷情報やセール情報、
日々の雑記などをご紹介します。

〒170-0002
東京都豊島区巣鴨4-28-15
tel:03-5394-2288
fax:同上

営業時間(火曜定休)
月~金 14:00~21:00
土   13:00~21:00
日・祝 13:00~20:00

最新コメント

検索フォーム

QRコード

QR