新商品紹介 リーフスペックカーボン200mlと少し活性炭の話

こんにちは、リンタロウです。

レッドシーのリーフスペックカーボンにスモールサイズの200ml入が追加されました。

初めからネットの中にカーボンがセットされているのでパッケージから出してすぐに使用できます。
レッドシーから販売されているセット水槽のMAX NANOの標準で装備されている活性炭もこの商品になります。

RSC200ml.jpg


活性炭はナチュラルでは複数種類在庫しています。

がしかし、あまり売れ行きが良い種類の商品ではないですね。活性炭
最近のユーザーさんはあまり活性炭を使用されないのでしょうか?

個人的には活性炭は常に使っておきたいアイテムなのですが・・・

リン酸の溶出などが気になるのか?それともヨウ素などの微量元素を吸着してしまうということが気になるのか?
と思いますが、最近のリーフ水槽用の活性炭であればリンの溶出はかなり抑えられていますので
気にするレベルじゃないです。
気をつけなければいけないのは淡水用とかで販売されている安いものや
本来別の用途で使うようなものをホームセンターとかで手に入れて使う場合です。
その場合はかなりのリン酸が出ていると思ってもらったほうが良いです。
今やこれだけ多くの添加剤が出ていますから吸着されてしまうヨウ素などは素直に日々添加してあげたら良いじゃないですか。

20170211-01.jpg
これは前に何種類かの活性炭の吸着能力を調べていた時の画像です。
どれが何かとかは秘密ですが、こうやって調べてみたりしました。
調べたりするのが好きなイメージが付いているみたいなんですが、いえいえ皆さんと同じで
面倒なんでやりたくないです。試薬とかで計るのは嫌いです^^;

活性炭を使う意味合いは色々ありますが
1つに黄ばみ除去という能力がありますのでこの点もう少し突っ込んでみると
海水魚の飼育の場合青白い光で飼育するのであまり気づかなかったり気にならなかったりすると思いますが
水換えの時などに捨て水として飼育水を白いバケツなどに一度うけたりすると結構黄ばんでいたりすることに
気づくと思います。特にウェット濾過で飼育している飼育水の場合は結構黄色いです。

特にサンゴ飼育などをメインにしている方の場合は、照明なんかにもかなり気を使っていると思いますが
この水の黄ばみが光をいくらか吸収して遮ってしまいます。
考えても見て下さい、水槽に透明な蓋をするだけでカットされてしまう波長はありますから
うす黄色いフィルターを付けてしまっているのに似た現象がおきてしまうでしょう。

水をクリアに保って十分な光を与えられるように役立ってくれます。

他にも活性炭は広く色々なものを吸着しますから、万が一水槽にひょんなことから害になるような何か物質が溶け込んで
しまった時にも、吸着し被害を少なくしてくれます。知らないうちにですが

どうですか?入れておきたくなりませんか?

リーフスペックカーボンは高品質なカーボンですが、他にも在庫しているものがあります。
どれもリーフ水槽に使用頂けるレベルの商品です。ご検討下さい。

esvcarbon15.jpg


actcarbo500.jpg


activated.jpg


ati_carbon_1000.jpg


20170211-02.jpg


20170211-03.jpg





2017.02.11 | トラックバック(0) | リンタロウ

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

海水魚ショップナチュラル

Author:海水魚ショップナチュラル
海水魚とサンゴの専門店ナチュラルです。
最新の入荷情報やセール情報、
日々の雑記などをご紹介します。

〒170-0002
東京都豊島区巣鴨4-28-15
tel:03-5394-2288
fax:同上

営業時間(火曜定休)
月~金 14:00~21:00
土   13:00~21:00
日・祝 13:00~20:00

最新コメント

検索フォーム

QRコード

QR