カルシウムリアクターのお話4

こんばんは、リンタロウです。

まだカルシウムリアクターの話してますよ。いつまでこれ続くんだろうと本人も思っています。
全て書ききることは不可能ですが、後は、セカンドステージの意味合いや、オススメのカルシウムリアクターの調整方法、
カルシウムリアクターを付けるのに必要なもの一式、こんなトラブルがありがち
みたいな所まで書ききれたらいいかなとは思っています。
もう少し書ければ、カルシウムリアクターの構造によるタイプも触れられたらいいですけどね。
途中でちゅうぶらりんになる可能性もありますが、ご要望が多ければまた書き出すと思います。

今回はタイプ紹介の一応最後で内部外部両用のカルシウムリアクターについて紹介します。

内部でも外部でも使えるようにするには大前提として付いているポンプが水陸両用のモデルじゃないとダメです。
プラス、外で使った場合に水漏れしないようにある程度の処理がされているものじゃないと使えません。

幾つか参考の商品をあげます。

20170213-08.jpg

OCTOのCalreact



20170213-06.jpg
ミニカル



20170213-07.jpg
315 three quarter S-calcium reactor


このあたりのモデルはどれも水陸両用のモデルです。
外部式のリアクターの時にも触れましたが、水陸両用ポンプの場合はポンプに使われているOリングの劣化で
水漏れを引き起こす事が多いです。定期的にチェックする必要がありますね。

またシリコンボンドの劣化などでネジ部分が水漏れの原因に成ることもあるため
そのような部分はシールテープを巻いたり、シリコンボンドで新たに付けなおしたりする必要がありますね。

小型から中型、大型まで一番種類が豊富なのもこの内部外部両用のカルシウムリアクターです。

次は少し構造による2つのタイプの紹介を予定しています。

2017.03.30 | トラックバック(0) | カルシウムリアクター関連

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

海水魚ショップナチュラル

Author:海水魚ショップナチュラル
海水魚とサンゴの専門店ナチュラルです。
最新の入荷情報やセール情報、
日々の雑記などをご紹介します。

〒170-0002
東京都豊島区巣鴨4-28-15
tel:03-5394-2288
fax:同上

営業時間(火曜定休)
月~金 14:00~21:00
土   13:00~21:00
日・祝 13:00~20:00

最新コメント

検索フォーム

QRコード

QR